KCU1500 環境のセットアップ方法のメモ

KCU1500 は近々 discon になると思うので今更書き残しておく意味があるかよくわからないが・・・。

  • Ubuntu を使う場合は 16.04 LTS を使う。
    • KCU1500 用のドライバが対応した Linux カーネルを動かせるのが 16.04 LTS までだから。
    • 最新の PC を使おうとすると、Ethernet ドライバがなくてはじめインターネットにつながらないかもしれない。その場合は手動でドライバをインストールする必要がある。
  • HWE には対応していないので、4.4 系のカーネルにする。
    • KCU1500 用のドライバが対応した Linux カーネルのバージョン制約
  • SDAccel は 2018.2 をインストールする

この組み合わせじゃないといけないことに気づくまでに結構試行錯誤が必要だった。

ここまでできると、あとはインストラクション通りにドライバをインストールできる。ドライバが入ると KCU1500 のファン制御が有効になって静かになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください